Concept コンセプトConcept コンセプト

Choice of the renovation リノベーションという選択肢

中古住宅やリノベーションに
こんな考えをお持ちではないですか?

中古の戸建て住宅を手に入れようと思うとき
「古い間取りだから使いやすさはどうだろう」
「古い家は冬が寒くて夏が暑いと聞くけど・・」
「リフォームしても元は変わらないからなぁ」
「古いから地震に弱いのでは・・?」
といった不安をお持ちではありませんか?
自宅をお考えの方で中古住宅を選ばなかった方へのアンケートでは
「品質の不安」「見た目の汚さ・古さ」「情報が不足していて安心できない」
と言った意見が多く上がっていました。

性能向上リノベについて

M図建築工房では「性能向上リノベの会」に入会しています。
リノベーションで住宅の性能を向上させることが可能です。

これからは、地球環境の変化に適応した安心で快適な住まいをリノベーションで実現する時代。
快適に、健康に。そして理想のライフスタイルを実現する前提としてまず室内の環境をしっかりと整える必要があります。
性能向上リノベでは、外気変化の影響を最小化する断熱性能と建物の骨格となる構造補強による耐震性能を向上を実現します。

安心・安全で快適な暮らしづくりの土台となる断熱・耐震性能

断熱
ヒートショック の防止に繋がる。冬は暖かく、夏は涼しい。
健康的に快適に暮らし続けるため
耐震
地震に備える、安全に安心して暮らし続けるために。

断熱✕耐震

昔の家は断熱性能が低い

いわゆる中古住宅で、昭和54年以前の住宅には実は断熱材が入っていません。
昭和55年から省エネ基準と呼ばれるものができ、現在に至るまでに段階的に断熱材が普及してきたという状況です。
断熱材が入っていない住宅は冬は寒く、夏は暑いので冷暖房などの光熱費がかかります。
そこでM図建築工房では中古住宅のリノベーションをする場合、断熱を現代の標準仕様にします。
古い住宅でもM図のリノベーションにより、省エネの住宅に生まれ変わらせることができるのです。

家が寒いとこんなことが・・

「ヒートショック」という言葉をご存知でしょうか。
気温の変化によって血圧が上下し、心臓や血管の疾患が起こることをヒートショックといいます。
実は毎年ヒートショックで亡くなる人は、交通事故の6.6倍!
ヒートショックは「家が寒い」ことで起こります。
冬場に暖房の効いた暖かいお部屋から寒い脱衣所に移動し、浴槽に入るときなどに血圧が乱高下して起こる疾患です。
特に10℃以上の温度差がある場所は危険とされており、注意が必要です。
M図建築工房ではこのヒートショックの危険を回避するためにも『断熱』が重要だと考えています。
M図のリノベーションで「健康で暮らせる家」。これを実現します。

昔の家は耐震性能が低い

耐震基準には現在までに3段階ありました。
・『旧耐震基準』1981年6月1日より前の建築物に適用されていましたが、震度6強から震度7が計測された熊本地震において倒壊度が30%近くでした。
・『新耐震基準』1978年に発生した宮城県沖地震を背景として、1981年に導入されました。1981年(昭和56年)6月1日以降に建築確認がされた建物は、この『新耐震基準』を満たしているということになります。
・『2000年基準』住宅品質確保促進法が制定され、地盤調査の義務化や柱、梁、筋交いの接合部に使用する金具の指定などさらに細かく指定され、熊本地震では『2000年基準』の適用を受けた多くの木造住宅が倒壊・崩壊を免れました。

しかし、2000年以降に建築された建物でも倒壊した住宅はあり、現行の耐震基準に適合していないと思われる木造住宅も数多くあったと言われています。
M図建築工房では、リノベーション時に原稿の耐震基準を満たす家に施工します。
中古住宅であっても新築住宅と同じように「地震が来ても安心な住まい」をご提供いたします。

施工事例

『性能向上リノベ』よくあるご質問

リノベーションについてよくあるご質問です

古い家なので耐震が心配です。リノベーションでも耐震は問題ないのでしょうか?
まずは、耐震診断を行なって現在の状況をお施主様と確認します。その上で構造計算のもと耐震補強を行い、耐震診断上の「倒壊しない」レベルまで引き上げます。
※耐震診断では「人命を守ること」に重きを置き、「大地震時に倒壊しない」ための耐震性確保を目標に据えています。「倒壊しない」レベルは最高評点を指します。
リノベーションした家に耐久性はありますか?
長く安心してお住まいいただくために、長期優良住宅仕様のフルリノベーションをご提案させていただいていますので、ご安心ください。
点検やアフターケアはありますか?
新築同様、リノベーションでも定期的な点検を実施しています。1年ごとの10年間は定期点検を実施しております。
また、点検時以外でも不具合やお困りごとなどございましたら、お気軽にお申し付けください。専門のスタッフがいち早く駆けつけて対応させていただきます。
(※性能向上フルリノベーションに限ります)
増築・減築はできますか?
はい、もちろん可能です。家族構成の変化に合わせて、ご提案させていただきますので、どうぞご安心ください。
リノベーションで住宅ローンは使えますか?
フルリノベーションの場合は、通常の住宅ローンをご選択いただけます。返済計画や無理のない範囲での借入可能額などのシミュレーションもできますので、お気軽にご相談ください。
フルリノベーションの工事期間はどれくらいですか?
工事期間は約5ヶ月前後です。状況によって長くなる場合もございます。
また着工以前に、設計期間約3ヶ月・その他申請等期間約1ヶ月半ほどお時間をいただいております。
フルオーダーメイドの住まいとなりますので、お時間がかかりますことをご了承ください。
費用がどれくらいかかるか不安です。
現場調査後、事前に概算の資金計画書をお渡しさせていただいています。
また、ローンに関わるご相談も個別に承っておりますので、ご安心ください。

SDGsM図のSDGs

2030年に向けて世界が合意した持続可能な開発目標「SDGs」
M図では気候変動に具体的な対策として、中古住宅の断熱改修による省エネと耐震改修によるストック活用を促進しています。
下記のような取り組みでM図の「SDGs」を加速させていきます。
M図建築工房ではSDGsを目的として、2022年4月に下記イベントを行う予定です。

STOK&BILD

「性能向上リノベ」3段階の性能基準

M図建築工房は「性能向上リノベの会」の中でも断熱・耐震共にゴールドの評価をいただいています。

  • GOLD

    断熱ゴールド

    HEAT20-G2
    UA値=0.46

  • SILVER

    断熱シルバー

    HEAT20-G1
    UA値=0.56

  • BRONZE

    断熱ブロンズ

    断熱等級4
    UA値=0.87
    (新築義務化、
     省エネ性能基準)

  • GOLD

    断熱ゴールド

    上部構造評点
    1.5以上
    (耐震等級3)

  • SILVER

    断熱シルバー

    上部構造評点
    1.25~1.5未満
    (耐震等級2)

  • BRONZE

    断熱ブロンズ

    上部構造評点
    1.0~1.25未満
    (耐震等級1)

※建物は、自立循環型モデル住宅(在来工法)を対象に、地域区分は、6・7地域(都心部を中心)に策定しています。
※UA値(外皮平均熱貫流率)とは住宅の内部から床、外壁、屋根(天井)や開口部などを通過して外部へ逃げる熱量を外皮全体で平均した値。 値が小さいほど熱が逃げにくく、省エネルギー性能が高いことを示します。
※上部構造とは壁や柱など家の構造物のこと。上部構造評点とは、震度6強の地震で建物が倒壊しないために必要な力を数値で表した必要耐力(Qr)に対する現状の耐力の割合を表します。
※既存木造住宅の上部構造評点1.0、1.25、1.5(「2012年改訂版 木造住宅の耐震診断と補強方法」(一財)日本建築防災協会)は、品確法においてはそれぞれ耐震等級1、2、3を示す(平成13年国土交通省告示第1347号)。

施工事例

施工事例

M 図建築工房株式会社
〒880-0925宮崎県宮崎市本郷北方 3643-1

お問い合わせはこちらまで TEL 0985-71-3090お問い合わせはこちらまで TEL 0985-71-3090

RENOVATION TOP