ARCHIVE

無垢材っていいですよね✨

こんにちは☀️

 

 

今日は暑くなりそうな予報ですね!

なんだかんだと、5月もあと数日。

ジメジメムシムシ🐛の6月が終われば、だいっっっ好きな到来

 

ハヤクコイコイ〜♪

 

 

 

皆さんは、どんな季節が好きですか?😊

 

 

 

 

 

 

 

さて。

先日「WOODONE(ウッドワン)」という建材メーカーさんのお話を聞く機会がありました!

 

WOODONE公式サイトを見る

 

 

話しを伺ってなんだか感動しました。

木を切ること。そして植えること。

その循環がとても大切で、再植林することが「森林を守る」ことに繋がるのです。

 

SDGsが推進されてきた昨今よりも、遥か以前から地球環境を守る活動をされていることに脱帽です。

 

 

 

 

そして本題。

皆さんは「無垢材」にどんなイメージをお持ちでしょうか?😋

 

 

 

 

 

「木のぬくもりを感じられる!」

「本物の素材感」

「味わいを楽しめる!」

 

こんなポジティブなイメージもあれば、

 

「すぐ傷がついちゃうんじゃない?」

「子どもがおもちゃを落としたら、簡単にヘコみそうだなー」

 

なんてネガティブなイメージをお持ちの方も少なくないかと。。

 

 

どんな素材でもそうなんですが、一長一短なんですよね。

 

 

 

例えば、

 

化粧板フローリングなら▶︎▶︎固くて丈夫、そして安価。だけどシートなので見た目と感触で本物には劣る。

突き板フローリングなら▶︎▶︎表面は本物の木なので風合いを楽しめて頑丈。だけど深い傷が入った時は合板が見えるので補修が難しい。

無垢板フローリングなら▶︎▶︎完全に本物の木なので質感と香り、調湿効果も期待できる。だけど非常に柔らかい特性のため傷やヘコみに弱い。

 

 

 

メリットもあればデメリットももちろんあります。

 

特性をよく知り、理解した上で選んでいきたいですね😋

 

 

 

 

 

そんな無垢のメンテナンス方法をWOODONEの方に教えていただきました♪

 

 

まず傷やヘコみが発生したら、家庭用のスチームアイロンを用意しましょう。

スチーム機能のついてないアイロンの場合は、濡れた布も用意しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

そして、補修したい箇所にゆっくりと少しずつ蒸気を当てていきましょう。

 

 

無垢の自然治癒力は凄いそうで、ヘコんだ箇所が自然に補修されていくそうです!!

 

まだ実際に試したことはないのですが、大工さんたちの間では常識らしいです。

 

無垢以外の床材では叶わない補修力。素晴らしいですねー👏

 

 

 

 

WOODONEさんには、床材の他にも建具などで魅力的な商品がたくさんあります♡

 

 

 

最近では、ルーバータイプの建具も大人気らしく、

 

 

 

 

ルーバー調ではなく、本当にルーバーなのでクローゼットなどの湿気が篭りやすい場所におすすめです♡

機能も見た目も素敵ですね♡

 

 

 

 

 

 

無垢の魅力はたくさん✨

 

上にあげたようにデメリットももちろんあります!!

 

ですが、手をかけて丁寧に暮らすことで

より一層の愛着が増すとも思っています。

手をかけた分だけ、暮らしに馴染んでいきます。

 

 

風合いの移ろいを楽しめる素材。

 

 

ぜひ、ご検討してみてください♪


カテゴリー: