ARCHIVE

そうだ、新築を建てよう❢ 【建築会社えらび編】

こんにちは。

各地で記録的な大雨が続いていますね。

改めて自然の怖さを思い知らされます。

 

さて、前回のお話はこちら↓

そうだ、新築を建てよう❢ 【資金計画編】

そうだ、新築を建てよう❢ 【固定?変動?編】

そうだ、新築を建てよう❢ 【銀行えらび編】

そうだ、新築を建てよう❢ 【土地えらび編】

 

本日は「建築会社選び」について少しお話したいと思います。

 

建築会社にも、いくつかあります。

 

ハウスメーカー

全国に支店を持つような、大手の建築会社を指します。

商品化された住宅を、培われたノウハウで設計・施工・アフターメンテナンスに至るまでサポートしています。

自社工場などを持ち、1/1サイズの家を建てて耐震などの強度実験なども行っており、信頼度も大きくなるでしょう。

工務店

地域に根差した施工会社で、営業エリアを限定しているところが多いです。

工務店の家づくりのカギは、その施工力の高さと間取りの自由度でしょうか。

保証やメンテナンスについては、各社で違いがあるので事前に確認しておくことをおすすめします。

設計事務所

建築士が設計と現場の管理を行います。

技術力やデザイン性、住宅に関する考え方は建築士によって様々です。

施工は協力会社に依頼することとなります。

ビルダー

希望に合った家をつくるのではなく、土地と完成した建物をセットで販売しています。

 

 

費用としては、高い順に

ハウスメーカー>設計事務所・工務店>ビルダー

といったところでしょうか。

 

ただ、「高いから良いもの」「安いからだめなもの」

というわけでは、ありません。

大手の会社であれば、広告費や人件費も莫大な金額となってくるでしょう。

安さの裏には、その会社の努力があるのかもしれません。

 

気になるメーカーや会社があれば、

直接話を聞き自分の目で見て判断することをおすすめします。

 

 

ちなみに、我が家も色々と見に行きました。

工務店で勤めている身ではありますが、

一生に一度の家づくり。

選択肢は多い方がいいに決まっています。

 

たくさん見学会に参加して我が家が出した

建築における重要ポイント

▶注文住宅であること

└主人の趣味のものやそれに伴う動線を考えました。

▶耐震等級3クラス

└等級1が最低限守らなければならない耐震性です。

繰り返しの地震に強い等級はほしいですね。

▶高気密、高断熱住宅であること

└これは、様々な見学会に行って改めて感じることですが、

夏蒸し暑くて、冬凍えるなんてあり得ない!!

特に我が家は狭い土地を購入しているので、吹き抜けや大きな窓は

必須。気密や断熱が低いと、暑さ寒さで超ストレスになりますよね💦

だから、絶対的に重要ですっ。

▶長期優良住宅であること

└保険の面、資産価値としての面で大切ですね。

▶おしゃれな家であること

└男性には分かってもらいづらいかもしれませんが、結構重要です。

おしゃれなんて人それぞれ。感性が似ている方に設計してもらえないと、

たぶんずーっと平行線だと思います。

 

 

これらを総合して、『工務店』という選択肢をとりました。

 

そして、『M図建築工房で建てる』という選択をしました。

 

内情を知っている分、安心できるという気持ちがあったからかもしれません。

価格に対する根拠を十分に理解できているから、迷いがでなかったのだと思います。

M図建築工房の標準仕様は、

▶耐震等級3

▶C値0.5、UA値0.4以下

▶全棟長期優良住宅

▶おしゃれ❢

 

私の希望をオールクリアです♡

一つだけネックがあるとすれば、ここまで高断熱じゃなくてもいいよ❢

と言ったところで崩すことができないということでしょうか。

それが社長のこだわりであり、会社としての信念だからです。

 

みなさまも、ぜひ沢山の会社を見に行ってみてください。

色んな考えがあり、コンセプトも価格も様々。

高い買い物をするんだから

選択肢は多いほうがいいに決まってる。んです❢

 

価格の根拠、

信じられる信念、

感性が合うかどうか。

 

しっかりと自分の目で見て判断していきましょう。

目先の価格に囚われてはいけません。

 

その家は、50年後も愛せる家ですか?

 

 

次回は、『間取り決め』です❢