ARCHIVE

そうだ、新築を建てよう❢ 【固定?変動?編】

おはようございます。

季節の変わり目、みなさま体調いかがでしょうか。

たまには、ゆっくりと自分を労わってあげる時間も大事ですよね♡

 

さて、前回のお話はこちら↓

そうだ、新築を建てよう❢ 資金計画編

 

 

 

住宅ローン借入額を決めた私ですが、気になるのはその返済方法。

一番は『固定⁉変動⁉どっちがいいの~💦』ってことです。

 

まずは、ざっくりと違いを…

□固定金利

期間を通して金利を一定に固定すること。

世の中の情勢に関わらず、借り入れ当初の金利が保たれるので

先々の見通しを立てやすいのがメリット。

変動金利と比較すると、やや高めに設定されている。

□変動金利

短期プライムレートを基準に年2回の金利見直しがある。

金利を抑えて借入できるところがメリット。

ただ、金利が上昇した際には元金が減らないリスクが大。

◆◆◆

例:借り入れ当初 返済額10万円/月

(内訳:元金7万円、利息3万円

→金利上昇後 返済額10万円/月

(内訳:元金4万円、利息6万円

◆◆◆

上のようになると、月々の返済額に変わりはないのですが、

利息ばっかり払っていて元金が全く減ってない!ってことに(怖

返済しきれていない残元金は35年目(契約満了時)に

一括返済を余技なくされます(( ノД`)

 

目先の金利か、将来の安定か・・・

 

 

 

すっっっごく悩みますよね💦

いろんな銀行さんや専門家の方にアドバイスいただきました。

 

Point①

低金利時代の今だからこそ固定で組むべし

いわゆるバブルと呼ばれていた時の金利は、5%近いなんてこともありました。

つまり3500万円の借り入れをしたら、利息だけで3900万円!!Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

そんな時代と比較すると、ここ20年ほど低金利が保たれています。

固定で借りても1.3%前後で借りられる時代かつ、

金利は必ず上昇すると予測すると、今の低い固定金利で組むほうが良いのではないか。

 

Point②

お金に余裕があれば変動金利、余裕がなければ固定金利が良い

変動金利は、固定よりも断然利息負担が少なくすみます。

ただ、前述のとおりハイリスクっ!

金利の上昇に備えた十分な蓄えがあれば、変動金利でも十分大丈夫。

ただし、金利の上昇を察知するべく常にアンテナは張るべし。

 

Point③

繰り上げ返済ありきなら変動金利、期間いっぱい払う予定なら固定金利

変動金利は利息負担が少ないことを生かして、貯蓄→繰り上げ返済をガツガツ行える。

35年間(契約満了)まで、将来の見通しを立て一定して払い込みし続ける予定であれば

固定金利のほうが向いている。

 

 

 

 

 

なるほど~!

色んな意見を参考に、我が家が出した結論は『固定金利』です。

理由は、

・将来の金利上昇が不安

・金利の乱高下を見て一喜一憂するのがしんどい

・単純に、リスクに備えられるだけの資金がない(恥

 

考え方、捉え方は各家庭によって様々だと思います。

ここまで考えてみても、将来のことなんて誰にも分からないし、

自分たちの選択が正しかったのかも分かりません。

でも、今出せる最善の答えは出せたかなぁと思っています♩

 

 

さてさて、次回はいよいよ銀行選びです❢

 

 

つづく。